ベースボールベルトの必要性と選び方のポイントとは

人気のスポーツの一つである野球は、ユニフォームやグローブをはじめ、様々な野球用品を買いそろえる必要があります。野球用品を選ぶ際には、使い心地にもこだわりつつ、できるだけ長く使用することができるものを選びましょう。

そんな野球用品の中でも、ベースボールベルトは、プレー中の動きの良し悪しを左右すると言っても過言ではない大切な道具です。そんなベースボールベルトの必要性や、どのような種類の商品が販売されているのかをわかりやすくご紹介します。

野球のプレーに欠かせないベースボールベルトの種類

ユニフォームの中で必須アイテムであるベースボールベルトの一番の役割は、ズボンが下がってしまうのを防ぐために締めることです。ベースボールベルトを選ぶ上で気をつけたいこととして、日常生活で使うファッション用のベルトとは違い、ズボンを締めるのと同時にプレー中の体の動きを妨げないという点も考慮するということです。

野球用品の中でも、比較的手ごろな価格で購入できる商品もあるベースボールベルトですが、ベルトのフィット感一つでプレーの感覚を左右する大切なものなので、価格だけにとらわれず素材ごとの特性を知った上できちんと選ぶことが大切です。使われている素材にもいくつか種類があり、それぞれの特徴をご紹介します。

人気も高く、おすすめなのが本革製のものです。本革製の特徴は、新品の状態のフィット感は硬めですが、長く使い続けるほど体に馴染む使い心地の良さにあります。

本革製なので比較的価格も高価な商品が多いですが、フィット感にもこだわり、少しでも長く使える物を購入したいとお考えの方におすすめです。本革製に近い見た目と、手頃な価格で人気が高まっているのが、人工皮革製の商品です。

本革製ほどの耐久性やフィット感は求めず、お手頃な価格で購入したい方におすすめです。ほかにも、ベースボールベルトのために開発された布や、化学繊維で作られたものもあります。ファッション用のものと違い、野球のプレーを想定して作られているので耐久性にも優れていて、布製品ならではの柔らかい使い心地が特徴です。

また、ベルトの主要部分にゴムを採用したものもあります。革製や布製に比べて、ゴムならではの伸縮性を活かしたフィット感の良さが特徴で、着用時の使い心地にこだわりたい方におすすめのベルトです。

プロ愛用のベースボールベルトにはこんな効果も!

先にご紹介したものが主な種類ですが、プロ野球選手の間でも愛用者の多いベースボールベルトは、フィット感に加え、プレー中の体の動きをサポートする機能性も兼ね備えています。特徴はその構造にあり、ベルト部分が耐久性を考慮した複数の層になっています。

こうした構造により、プレーを妨げないフィット感に加えて加圧効果も発揮します。野球のプレーをする上で腹横筋の力を効率良く使うことが大切であると考えられていて、ベルトの締め具合によってその力も大きく変わってきます。

加圧効果に着目した商品は、体幹に効率良く働きかけ、プレー中の筋肉の伸縮力やパワーの増強、動きの俊敏さを引き出すなどの効果が期待できるとされています。機能性を重視した商品の価格は比較的高価なものが多いですが、耐久性にも優れていて自分自身の運動能力をより引き出してくれることから、こだわりを持って選びたい人におすすめです。

ベースボールベルトを選ぶ上でのポイント

ベルト選びの基準は、使用頻度を考慮することがポイントです。毎日の部活動で使用するなど使用頻度が高い場合には、耐久性や長く使っていく上でのフィット感がとても大切になります。

買い替えの回数をなるべく抑えて使い続けられるという点でも、本革製や人工皮革製のものを選ぶと良いでしょう。

逆に趣味として週末だけ野球を楽しむなど使用頻度の低い場合には、購入後すぐに体に馴染む布製やゴム製のものがおすすめです。所属のチームや団体によっても規定がある場合があるので、そうした規定も考慮しつつ自分に合ったものを選ぶことが大切です。

野球用品の中で欠かせないベースボールベルトは種類も豊富で、フィット感によってプレーの感覚にも影響を与える重要な道具の一つです。

価格の安さのみで判断せず、種類の特徴をとらえた上で、長く愛用できるものを選ぶことが買い替えの回数を減らすことにも繋がり経済的な選び方と言えます。