ベースボールベルトの重要性

子どもから大人まで親しんでいるスポーツに野球がありますが、実際に野球をする人たちにとって、ベースボールベルトは重要度が高くなっています。自分に合った長さ調整をしないといけないため、友人などから借りる事もできません。

しかし、野球をしない人たちには、普通のベルトとどう違うのか疑問に感じるでしょう。そこで、ベースボールベルトが持っている効果と長さ調整の方法などについて説明していきます。

ベースボールベルトの特徴

ベースボールベルトは、普通のベルトと同じものだと思っている人が多いですが、それ以外の効果もあります。もちろん、通常のベルトのようにズボンを固定する役割もありますが、ベースボールベルトはそれ以外に、スイングを安定させる効果があるのです。

腹横筋と呼ばれる筋肉を適度に締め付けることで、スイングの安定感が増し、余計な負荷がかからないため、スイングスピードが向上するなど、バッターにとって欠かせない効果があります。そのため、プロ選手も注目しているアイテムなのです。

長さ調整の方法

ベースボールベルトの長さ調整を行なう場合は、基本的な調整方法は普通のベルトと変わりません。自身の体型に合わせた長さにカットして、バックルで固定するだけです。ただし、長さ調整とは別で、ベルトの手入れ方法には気をつける必要があります。

特殊な素材を用いたベルトであるため、雑に扱ってしまうと腐食などの問題が発生してしまいます。腐食を防ぐためには、カットした部分をぬるま湯で殺菌するなどの対応策があります。また、バックルさえ取り外せば洗濯も可能です。

ベルトによって得られる効果

ベースボールベルトは見た目的には変わりませんが、持っている機能というのは大きく異なります。コアマッスルを刺激する効果があるものや、腰回りを引き締めて腰痛にならないよう負担を取り除いてくれるものなどさまざまです。

そのため、スポーツショップなどで適当に選ぶのではなく、しっかりと機能を確認してから購入するようにしましょう、また、ベルトの長さ調整をしなければ持っている効果を十二分に発揮できません。

身体に合った長さ調整

ベースボールベルトというのは、普通のベルトと同じ長さで揃えてはいけません。日常的に着用するベルトとはもとの素材が異なっているので、伸縮性などに差があります。

そのため、同じ長さで揃えたとしてもかなり緩くなってしまうことがあるのです。面倒に感じる方もいるかもしれませんが、必ずベースボールベルトを利用して長さ調節を行ないましょう。