ベースボールで使用するベルトの定番品について

ベースボールを始めるとなると、まずバットやグローブといった道具や、ユニフォームなど身につけるものなどを揃えなければなりません。その中でも今回は、ベースボール用のベルトの定番について紹介します。

ベルトと言われても、ベースボールグッズの中からすぐにはピンとこない方もいるもしれません。しかし、野球をする上で必ず必要なものであることは間違いありません。

ベルトを探すためのポイント
ベースボール用のベルトは比較的安く手に入れることができます。しかし、他の道具に比べて損傷が少なく、長期的に使える可能性があるため、定番の商品は何があるのかきちんと調べて自分に合ったベルトを選ばなければなりません。

また、丈夫であるとはいえ、使用頻度によっては、負荷がかかって切れてしまうこともあります。本格的に野球を始めるのであれば、普段から試合用や練習用といったようにいくつか常備させておくといいでしょう。

ベルトの素材を確認しましょう
ベースボール用のベルトの素材にはいくつかの種類があります。定番なのは、人工皮革です。安い値段で購入もできるので人気も高いです。しかし、人工皮革ではなく、革製の方が使いこんでいくうちに、革特有の体に馴染んでくる味わいを楽しむことができるといったメリットもあります。人工皮革よりも値段は高めですが、長期間使用することも踏まえた上で、革もおすすめできます。

他にもゴム製のベルトがあります。フィット感や伸縮性が高いのですが、値段が高い商品もあるので、大人が草野球などを楽しむ程度の際に使うのがいいでしょう。

腰が悪い人にはパワーベルトがおすすめです
ベースボール用のベルトには、腰への負担を考えたパワーベルトがあります。腰にあたる部分が太めに設計されていて、パッドが付いていることにより腰への負担を軽減することができます。

こうした機能性を重視したベースボール用のベルトには他にもあり、通気性を高めるために多数の穴を開けているベルトもあります。

ベルトも大切なベースボールグッズのひとつ
自分の野球スタイルに合わせたベルトを見つけてみましょう。

ただし、高校野球では、ベルトの制約があり、エナメル製のベルトは使うことができません。色も指定されているので注意しましょう。

その他、野球チームによっては規定があるかもしれないので、ベルトをはじめグッズを揃える際にはよく確認しておきましょう。