アウトレット商品もおすすめ!ベースボール用ベルト

野球といえば、お揃いのユニフォームにバット・グローブ・スパイク・ボールなど、様々な道具が必要ですが、その一つがベースボールベルトです。ベルトはユニフォームの一部なのでは?そもそも必要ないのでは?という声が聞こえてきそうですが、ベルトにも役割があります。

使用する道具が多く、その道具の消耗も激しいので、野球はお金がかかります。そこでおすすめなのが、アウトレット商品です。「アウトレット=安かろう悪かろう」というわけではありませんので、ご安心ください。

野球におけるベルトの役割

野球において、ベースボールベルトはユニフォームと一緒に必ず着用しなくてはならないもの、必要不可欠な身だしなみと言えます。日常生活の中では、ズボンがずり落ちないように締める役割でベルトを使用しますが、野球においてもその役割を担います。

ただし、締めるだけではだめで、プレーの妨げにならないものでなければなりません。野球には攻守があり、動きも様々な激しいスポーツです。ベルトに負荷がかかって壊れたり、ベルトによって動きを制限されたり、違和感を覚えるようなものでは、プレーに集中できず実力を発揮できません。

バットやグローブ、スパイクと同様、自分にぴったりくるベースボールベルトを選ぶことが重要です。

ベースボールベルトの種類

 1000円以下の安価なものから、数万円の高価なものまで、幅広い値段がついているベルト。その値段の違いは、主に素材の違いです。靴・鞄など他の商品でも一緒ですが、革は高価ですが使い込んでいくうちに馴染んできて、長期間使い続けることができます。

「自分だけ」のベルトを求める方には、やはり革がおすすめです。他に、見た目はほとんど革と変わりませんが、比較的安価で人気が高い人口皮革、使い始めから柔らかくフィット感を味わえる布(化学繊維)、伸縮性が高く多少ウエストのサイズが変わっても常に最高のフット感を味わえるゴムのベルトもあり、使用頻度や好み、チームやリーグの規制等を考慮して選ぶ必要があります。

メーカー

 ベースボール用品で有名なZETT・ミズノ・SSK・アシックス、海外ブランドのNIKE・アンダーアーマー…それ以外にも多数のメーカーがベースボールベルトを販売しています。どこがいいのか迷ってしまいますが、好きなメーカーがあればそのメーカーのものを選ぶとよいでしょう。

コア・エナジー

 31試合連続無失点の日本記録を持つ中日ドラゴンズ田島慎二投手の秘密兵器として一躍有名になったのがベルトメーカー「コア・テクノロジー」社のパワーベルト「コア・エナジー」。

研究しつくされたベルトで、腰への負担を軽減・運動動作のパフォーマンスを向上。サポーター機能を有するベルトとしての構造が認められ、特許を取得しています。12球団200名以上のプロ野球選手が愛用していて、その効果はお墨付き。

もちろん普通のベルトと比べれば高価ですが、強さの秘密兵器となるのなら、試してみたくなる商品です。

アウトレット商品

 野球用品には何かとお金がかかるもの。我が家のお財布が厳しい…という時にぜひチェックしたいのが、アウトレット商品です。アウトレット商品は、不良品ではありません。新製品が出て型落ちになったもの、大量在庫となったものなどで、商品価値は十分あります。

実店舗でもアウトレット商品がワゴン等で出ることがありますが、必ずしもあるとは限りません。そんなときはネットが便利です。「野球用品Swallow Sports」「SPORTS AUTHORITY」などではアウトレットコーナーがあり、非常に探しやすくなっています。ベルトが掲載されているかどうかはその時々ですが、良いものをお得に手に入れるにはぜひチェックしたいところです。

野球は大人から子どもまで楽しめるスポーツです。ひとつひとつの道具に意味や役割があるので、自分の実力を十分発揮できるもの、そして、金銭的にも続けていく上で無理のないよう、購入していく必要があります。アウトレット商品も含め、いろいろ見て試して、最適なものを選んでください。